十勝川温泉へ


十勝へ行って来ました。

豊頃町で見られる「ジュエリーアイス」打ち合わせの段階から「氷はない・・・」との事でした。
心の中で「氷流れてくるといいなぁ~」と思いながら行ってみましたら、目にした風景は・・・
ゴミや流木が打ち上げられた砂浜を歩くキツネでした。

e0213873_22473151.jpg



キツネを追いかけているうちに、手のひらくらいの氷を発見!
キラキラ輝いて綺麗~

e0213873_2248455.jpg


続いて、少し大きめの氷を発見!

e0213873_2249399.jpg


もう少し進んでみたら、塊が見えました。
しかし、ゴミや砂で汚い・・・形もごつごつとしていて見栄えも良くない。

e0213873_22504151.jpg


e0213873_22505273.jpg



ジュエリーアイスの見ごろは1月迄らしいので、来年はもっとは早めに行きたいものです。

ふと気が付くと、ガイドさんたちはバスへともう戻っていました。
私がカメラを構えて5分程度です。
カメラ女子の方が3名程いましたが、時間が足りず「もう少し居たかった・・・」と呟いていました。
(30分の滞在は短ったかも・・・)

ジュエリーアイス
『氷はすぐそばを流れる十勝川が発生源。
冬期間、河口付近が凍結し、一部が割れた氷はいったん海を漂流し、
しけなど波が高いときに砂浜に打ち上げられる。
川から流れてきた厚さ数センチの氷は、波によって割れます。
はじめは分厚かった氷も、荒波にもまれるうちに様々な形に姿を変えます。
氷はこぶし大から、手では持ち上げられない大きさまでさまざまある。』



本日の宿泊は、十勝川温泉です。
夜は冬のイベント「彩凛華」会場へ、各ホテルから送迎バスが出ています。

私もカメラを持って行ってきました。
展望台があったのですが、たくさんの人で全く見えず。残念でした。

e0213873_22552160.jpg


e0213873_2255317.jpg


e0213873_22554222.jpg


e0213873_2255535.jpg



彩凛華 開催期間2017年1月21日(土)~2月26日(日)
『未体験の冬のエンターテインメント  ― 光と音のファンタジックショー ―
氷点下に凍てつく十勝川温泉、冬の夜の一大ページェント。
十勝川温泉に毎年飛来する1,000羽をこえる白鳥にちなんで開催されるまつり。
音と光を連動させ幻想的な空間を演出するファンタジックショー、多彩な催しが見るものの目を楽しませる。

光と音のファンタジー
誰も見たことがない幻想的な世界
展望台から雪面・奥の林に当てている照明の演出効果をフルに発揮したプログラになっています。
より、インパクトを強く、よりリズミカルな動きになりました。
プログラムの選曲ポイントは海外観光客・子供~お年寄に響く幅広い選曲となっています。
光のパターン、曲数も更に増え、過去最高を更新しています。
〇1部14曲 光のパターン75回
〇2部14曲 光のパターン100回
TIME項目
1回目19:00~19:15~「第1部/光のファンタジーショー」
「第2部/光のエレクトロダンシングショー」
2回目19:30~19:45~「第1部/光のファンタジーショー」
「第2部/光のエレクトロダンシングショー」
3回目20:00~20:15~「第1部/光のファンタジーショー」
「第2部/光のエレクトロダンシングショー」
4回目20:30~20:45~「第1部/光のファンタジーショー」
「第2部/光のエレクトロダンシングショー」
21:0021:00終了

彩凛華ならではの豊富なアトラクションでお楽しみください
スタンプラリーで大抽選会 100円参加で必ず当たる!
A賞 音更特産品
B賞 飲み物券
C賞 絵はがき

アイスプロムナード【入場無料、飲食物は有料販売】
アイスプロムナード雪原に現れた幻想的で楽しい異空間。
ビニールハウスを利用している休憩所です。暖かい室内では、オリジナルメニューが販売されています。
~通常販売~    ※2017年のメニュー一例になります。
・コーヒー100円/・モールショコレ300円/・コーンスープ100円/・あずきミルク150円
・亜鉛大豆きな粉ミルク100円/・モール豚フランク300円/・モール豚のホットドッグ(土日限定)400円

その他各種イベントあります。 例)手湯 ・凍るシャボン玉・光の動物・スノーキャンドルなど・・・』


動画も撮ったのですが、間違って消してしまいました。
この次は、家に帰ってから消すことにします。
あ~PPAP♪~  ノリノリで楽しかったのになぁ~
















http://ameblo.jp/mago-mago53?frm_id=v.mypage-checklist--profile------mago-mago53
[PR]

# by sapporo1303 | 2017-02-20 23:06 | バスツアー | Comments(0)

釧路タンチョウ撮影ツアー NO2

またまた釧路へタンチョウ撮影の仕事に行って来ました。

前回はお天気がいまいちでしたが、今回は最高の青空!!
期待を込めて、札幌を出発!!

まずは釧路動物園を楽しんだ後、音羽橋ねぐら入り見学撮影へと向かいます。

わ~  思わず声が出るような風景が広がりました。
光の差し込みで、周りの木々の影が中州一面に広がっています。

ねぐら入りには少し時間が早かったので、数は少なかったのですが、時間も忘れて見入ってしまう程素敵な風景が広がっていました

e0213873_9155564.jpg


e0213873_916526.jpg


さて、温泉に入ってホテルへGO!
明日のねぐら入りを楽しみにバスは出発です。


2日目の朝、ホテル出発時はとても寒かった。
気温は-12℃  音羽橋へとバスを走らせます。


音羽橋が近くなるにつれ、周りの木々に霧氷がたくさん付いていて、冬ならではの景色が続きます。
到着するや、バスの中からため息が漏れます。

e0213873_923284.jpg


気温が低いので、川霧がたっています。
タンチョウ達も寒さで体を丸くして、まだ飛び立っていません。

皆さん、いち早くバスから降り橋上へと向かい、一斉にカメラを向け無心にシャッターを切ります。
この後、遠くにシカの群れが雪裡川を渡りました。

e0213873_9262837.jpg


e0213873_9275141.jpg


e0213873_92826.jpg


不思議なことに、前回は気温が高く暖かかったのでタンチョウは次々と飛び立ちましたが、今回は気温が低く飛び立ったのはほんの数える程度。
風景は素晴らしかったが、飛ぶタンチョウが撮れないかったのが、残念という声が・・・
自然相手、全てを満足するには難しいですね~

ここからは、伊藤サンクチュアリ・そして阿寒国際ツルセンター
素晴らしい姿を見せてくれました。

e0213873_9323648.jpg


e0213873_9324755.jpg


e0213873_9325785.jpg


e0213873_9331083.jpg



あっと言う間に時間は過ぎて、バスは札幌へと戻ります。
バスの中で、来年もまた会いましょうと約束をしてツアーは終了。


今年は2度行かせていただきました。
2度とも全く違うタンチョウの姿を見ることが出来ました。
これだから何度行っても飽きない、新たな感動があるのですね。




















http://ameblo.jp/mago-mago53?frm_id=v.mypage-checklist--profile------mago-mago53
[PR]

# by sapporo1303 | 2017-02-05 09:11 | バスツアー | Comments(0)

釧路タンチョウ撮影会ツアー NO1

仕事でタンチョウ撮影ツアーへ行って来ました。

一日目は釧路動物園の後、音羽橋へ
ねぐら入りを見に行くのですが、何せ時間が15:40。早いので期待は出来ません。

e0213873_10163858.jpg


しかし、今年は戻って来ていました!!
うっすらと夕日に染まり、素敵なタンチョウたちを見ることが出来ました。

e0213873_10191297.jpg


一日目のタンチョウ撮影は終わりです。
明日のねぐら立に期待をして、ホテルに向かいます。

2日目の音羽橋です。
到着は8:50頃です。 もうだいぶ飛んでいないだろう・・・なんて思いながらホテルを出発。

何と! まだたくさんのタンチョウ達の姿があります。更に次々と飛び立って行く姿も見られました。

e0213873_10284340.jpg


e0213873_102972.jpg


e0213873_1025572.jpg


川幅いっぱいに広がり飛び立つ姿は、今まで見たことがありませんでした。
最後の一羽まで飛んで行くのを見たのも初めての事でした。

次に向かうは鶴見台・・・しかし、一羽も居ません。
聞くところによると、給餌の時間は午後からとの事。
タンチョウ達もわかっているのか、現れませんでした。

伊藤サンクチュアリーは約7~80羽いました。
給餌の時間は9:00と14:00 そのころには200羽は来ているそうです。

e0213873_10322310.jpg


e0213873_10341848.jpg


e0213873_10324858.jpg


ツアー最後に向かったのは今回、最大のメインとなる阿寒国際ツルセンターへ
あ~・・・ 今年はトリインフルエンザの影響で14:00からのウグイの餌やりは中止。
更にデントコーンの給餌は9:00のみ。
ただ、少し残っている餌を求めて来ていた、タンチョウとハクチョウの姿のみでした。

ま~餌を取り合う姿は見られませんでしたが、雪が降って来たのでいつもとは違う、少し水墨画のような写真を撮れたことに満足してもらうしかなかった。

e0213873_10383214.jpg


e0213873_10385251.jpg


e0213873_1039356.jpg



最後に、おまけの一枚です
伊藤サンクチュアリーネイチャーセンター近くで見たシメと言う鳥。
ナナカマドの実をついばみ可愛い姿を見せてくれました。

e0213873_1044246.jpg






第二弾は2月初旬出発です。
[PR]

# by sapporo1303 | 2017-01-22 10:12 | バスツアー | Comments(1)

イルミネーションへ

仕事でしたが、イルミネーションを見て来ました。

まずは、公共機関では行けない所にある
ニーウン・ペツ ガラス技術研究所

e0213873_10020601.jpg

素敵な作品ばかりですが、高額の物も有るので触るのは怖いです。

e0213873_09062014.jpg

奥にはカフェも有ります。
ゆっりお茶したかったなぁ〜

e0213873_09074624.jpg

置物かと思いきや、本物の猫ちゃんが居ました🐱

e0213873_09091911.jpg

次に向かったのは、千歳アウトレットモール・レラ

レラドームのイルミネーションの森です
まだ明るかったので雰囲気はイマイチ・・・・
今度は日が暮れてから行きたいなぁ

e0213873_10044213.jpg


さて、ここからは感動連続〜

まずは、宮の森フランセス教会
残念ながら礼拝堂は撮影禁止でしたが、キャンドルを灯してくださり、涙が出るほど感動しました。
庭に作られたイルミネーション‼️
時間を忘れて何時間でも居られるくらい素晴らしいものです。

e0213873_10065217.jpg

e0213873_10183407.jpg

そして、藻岩シャローム教会
十字架にライトアップされて、札幌の闇夜に浮かぶ神秘的な感じ。

e0213873_10195200.jpg

一階では、これまた素晴らしいツリーのお出迎え

e0213873_10201978.jpg

二階ある礼拝堂
今回は係りの方のご好意で、特別に撮影させていただきました。
こんな素敵な所で結婚したいとバスガイドさんもうっとりでした。

e0213873_10210179.jpg

ロビーでは、ガラス越しに札幌の夜景が見える。
由緒有るスタンドガラスも素敵です

e0213873_10225360.jpg


最後は大通りのミュンヘンクリスマス市
ドイツのお土産や食べ物など盛り沢山‼️

サンタも居ましたよ🎅

e0213873_10252900.jpg


ツルツル路面での移動は大変でした。
2時間遅れの帰着でしたが、楽しい一日であったと思って居ます。




[PR]

# by sapporo1303 | 2016-12-08 09:03 | バスツアー | Comments(0)

夜の洞爺湖

支笏湖に引き続き星撮影です。

夜の洞爺湖はやはり寒い!!
今回も愛犬ジンを連れて行きましたが、抱っこしての撮影は厳しくやはり車の中でお留守番。
真っ暗で誰もいない駐車場は怖かったことでしょう。



後ろのホテルの明かりが強く、うまく撮影が出来ない・・・

e0213873_21465633.jpg




場所を移動しました。
中島がはっきりと見えて、私なりに素敵な写真が撮れました。

e0213873_2235944.jpg


e0213873_2241917.jpg


帰り道、中山峠に立寄り。

e0213873_21494594.jpg




素晴らしい星空に魅了されカメラを向けましたが、標高約830mの山頂は寒すぎ!!!

でも、楽しかった~

今後、撮りたい場所があと2カ所。
羊蹄山と星空と藻岩山からの札幌の町と星空。
お父ちゃんにお願いしていま~す。
[PR]

# by sapporo1303 | 2016-10-06 21:44 | 風景 | Comments(0)
line

好き勝手に載せる写真や日記にお付き合いくださな~ to わかば  (写真ワンコは天国のさすけです)


by sapporo1303
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31